草津温泉に行ってきました。

草津町ホームページより

少し前になりますが、春先に草津温泉に行ってきました。
日帰りで、家族で久しぶりに県外に出てきました。
我が家から車で約2時間半の距離ですが、コロナ以来ほとんど遠出しなかったので、本当に久しぶりです。
90歳になる母を連れて有名な観光地に行くのは、ちょっと大変ですが、できるだけ近場の駐車場を利用して年寄りでも楽しめるよう下調べしました。

草津には大滝の湯という日帰り温泉があり、大きな内風呂に露天風呂、昔ながらの木造の合わせ湯なる湯治場のようなお風呂があります。
これは温度のちがういくつかの湯舟を順番に入るのですが、最後は 46度の超熱いお湯につかります。
足先を入れた瞬間チクチク痛みを感じ、入るのをためらってしまい一瞬後悔します。それでも勇気を出してそっと湯につかるとじっと我慢です。今、はやりの整うじゃないですが後から体が楽になったのを実感できます。

混雑を避け午前中に入浴を済ませ、お昼は賽の河原の駐車場に移動して、そこから徒歩で温泉街のいいやま亭という釜めし屋に行くことにしました。
駐車場では係員にお願いして入口周辺に車を停めさせてもらい、とても助かりました。
地図では 150mくらいでしたが、思いのほか急坂を下ることになり、年寄りにはだいぶきつかったようでした。
お店につくと何と行列ができていました。どうしたものかと思いましたが、母が待ってもよいというので並ぶことにしました。
並んでいたのは若い人たちでしたが、母を見て協力して座れるようにして下さって、無事お店に入ることができました。
注文を受けてから釜めしを炊くので、ちょっと待ちますが炊き立ての釜めしはとてもおいしかったです。

そのあと、以前行ったことのある近くの温泉まんじゅうのお店に行きました。
その店は長寿店という名前で、試食のおまんじゅうを通りに出て配っていて、うちの奥さんのお気に入りなんです。
買い物を済ませ、母を嫁に預けて土産屋の通りをぬけた交差点に行くように指示をして、私は急坂を上って車を取りに戻り、女性陣をひろって帰路につきました。

帰りの車中、やっぱり天下の草津温泉、泉質が違うよねなどと盛り上がりながら、無事戻ってきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました