美人泉質「芒硝泉」!やすらぎの湯

おでかけ

GW最期に?

ことしのGW、久しぶりの制限なしとのうたい文句。

人気観光地が点在するうちの近辺では、県外ナンバーの車が大挙して押し寄せます。

混雑を避けてGW最終日の午前中に長門温泉やすらぎの湯へ行きました。

道の駅のお風呂

何度か訪れているこちらの温泉は、道の駅「マルメロの駅ながと」の奥にあります。

松茸や韃靼そばの本場、長和町にある国道152号沿いの道の駅です。

高速道路のSA並みの広い駐車場に、産地直売店やみやげや、食事処、茶屋、コンビニなどがあり、ゆったりとした時間が流れています。

実は直売店がすごい!

直売店マルシェ黒耀では、地元の方が採取した山菜や、農産物が売られていますが、時期には松茸も店頭に並びます。

県内でもニュースになるくらいで、地物の採れたてを産直価格で購入出来ます。

ですが、知る人ぞ知るで、すぐに売れてしまうようです。

メシもウマい!

地元でも人気の食事処かりん亭は、とにかくメニューが多い。

定食にどんぶり、すしに麺類、パスタ、つまみにアルコールと何屋さんですか?

量多めで値段も良心的。

温泉内の食堂も手軽に食べられてよいのですが、私はこっち来ちゃいます。

なぜか一押しは、鹿児島黒豚のカツ丼て・・・?

長門温泉やすらぎの湯

今回訪れた温泉の特徴です。

建物は、土地柄を生かした天然の木材の内外装で、モダンで清潔感があります。

泉質はナトリウム硫酸塩泉で「日本三大美人泉質」の一つとのこと。

サラッとしていて無色透明ですが、肌はさらさらします。

後からぽかぽかして来て、温泉効果を感じます。

参照:長和町振興公社ホームページ

観光の合間に

有名観光スポットめぐりも、慣れない山道を移動するのは疲れますね。

そんな時にちょっと寄ってリフレッシュすれば、楽しさ倍増かと思います。

観光地でない田舎の良さが感じられる、おすすめの立ち寄りポイントの情報でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました